トップ > 未分類 > マナーの悪い義理家族とのお出かけ罰ゲーム★「周囲の視線がイタイ…」

マナーの悪い義理家族とのお出かけ罰ゲーム★「周囲の視線がイタイ…」

未分類
2014年11月18日(火)410PV

マナーの悪い義理家族とのお出かけ罰ゲーム★「周囲の視線がイタイ…」「今まで指摘してくれる人がいなかった」ある意味奇跡的な、マナーの悪い人々。そんな人たちとつながってしまった兼業主婦Wさん(32歳、長女4歳・次女6か月)。常識人は自分だけ、という状態に爆発寸前です。

■マナーが悪いのは私以外全員

「うちの義家族のマナーの悪さ、はんぱじゃないんですよ!もうひどすぎて一緒に歩きたくない!ごはんも食べにいきたくない! ほんっとうに縁をきりたいと思ってます」
鼻息荒いWさん、もろもろエピソードを聞いていきましょう。

■冷ややかな視線を冷ややかと感じない神経の図太さ

「特に悪いのはレストランですかね。食事は月1くらいでするんですがまず舅はカメラ小僧。つねにどでかいカメラを携帯していて食事風景をところかまわずとるんですよ。メインは子どもたちなんですが混雑していても、狭くてもストロボばっちりで30枚くらい、時間にして15分くらいとりつづけるので周囲から白い目でみられます」
「あと姑と義姉なんてレストランで用意してくれたベビー用の食器や子ども用イスを極端に嫌がって、抗菌のウェットティッシュ持参でふいたりするくせに(用意してくれた店員さんの目の前で)、姉の子どもが食べ散らかした汚れなんかは一切ふきとらないんですよ。部屋も汚いし。気にするところが理解できませんよ」
「『おとうさん、混んでるし写真はやめたほうが……』といったときもありますが、『えっ? 誰にも迷惑っていわれてないよ?』とかえされました。義姉にも『○○くん、汚したからふいたほうがいいですよ』なんていえませんし。もうなんなんでしょう、この家族。一緒に出かけるたびに「なにあの家族」という目にさらされ、他人のフリするときもあるくらい。常識人ぶっていちいち意見するのももう疲れました……」
いっそもう、参加しなくていいのでは? 人は簡単に変えられませんし、変わりません。そう思っていたほうがずいぶんと気がラクですよ。

(ライタープロフィール) 安田あゆみ/5年のOL生活を経て、WEBライターに。子育て中の一児のママ。好物は「マカロン」と「しば漬け」。万年ダイエッターなのに、ここ数年痩せた覚えなし。自転車でどこまでもいこうとする根性はあるけど、あきらめも人一倍早いのが短所。







fund us on facebook