トップ > 子育て > ナニーが暴露!イギリス上流階級の子育ては!?

ナニーが暴露!イギリス上流階級の子育ては!?

子育て
2015年10月8日(木)967PV

ナニーが暴露!イギリス上流階級の子育ては!?イギリスではナニーと呼ばれる乳母のような存在がおり、上流家庭の育児を全面的に預かっています。

幼い子供を厳しくしつけるという本来のナニーは時代と共に変化し、顧客の家庭の深く関わるために、思わぬプライバシーを見てしまうこともあるようです。

 

そこで、そんな現代のナニーによる暴露話を紹介していきましょう。

 

 

 

■お金持ちだけど身勝手!

子供の両親が30代後半で、実業家でお金持ち。

子供は2歳と6か月半と幼い2人です。

そんな家庭で、ナニーが見たのは、かなり身勝手な両親です。

 

父親は、奥さんが仕事で出張に出れば、愛人を呼んで、ナニーにも「妻には内緒に」と言います。

奥さんは奥さんで、「子供が嫌い」なんて言い出し、赤ちゃんをキッチンのシンクに放置し、携帯でおしゃべりしたり・・・

子供の祖母の家に行くと、そこでは奴隷扱い。

子供たちのお世話をしながら、片付けや掃除までしなければならず、親には内緒でテレビも自由に見せていたとか。

そうでもしないと、仕事を時間内に終えることなんてできませんね。

 

 

■ヘルシーな食事へのこだわりが強い家庭

子供が3人おり、裕福な家庭で働いたナニーの話です。

母親がヘルシー志向で、子供には玄米と野菜、豆類ばかりを食べさせていました。

子供たちはかなり細身で、かわいそうになるほどです。

そこである日、母親が友人との食事に出かけた際に、特別にソーセージを食べても良いと許可したのを聞き、ナニーは考えました。

ここぞとばかり、子供たちにジャンクフードを食べさせたのです。

油で揚げたソーセージに、フライドチップス。

トマトケチャップもたっぷり使って、アイスクリームも付けました。

子供たちも目を丸くし、喜んで食べたのです。

母親が帰宅後、3歳の子供が美味しかった食事について話そうとするのですが、母親はまるで耳を貸しません。

それからは機会を見つけては子どもたちにジャンクフードを与え、マクドナルドにも連れていったり・・・

それでも、母親は気づきもしないのです。

 

 

■ナニーは重労働!

ナニーの中には住み込みで働く人もおり、かなり家庭の裏事情を見てしまいます。

しかも24時間休みなしで子供の面倒を見るなんて大変ですね。

それなのに奴隷にように扱われてしまうこともあります。

 

ですが、悪いことばかりでもないようで、豪邸で暮らすことができたり、家族が海外に旅行に行く際にも、一緒に付いていけたりもします。

 

住み込みでのナニーを雇うことができるのは、かなり裕福な家庭の人たちです。

ですがナニーを雇えば、自分たちは育児はもう関係ないというくらいの態度になるケースもあります。

両親がどちらも身勝手で、子供には無関心ということが非常に多いようですね。

 

スカーレット・ヨハンソンが主演した映画、「ナニー・ダイヤリーズ」は、邦題が「私がクマにキレた理由」です

この物語は決して大げさなものではなく、実際の話に近い部分もあると言えます。

海外の育児事情に興味をお持ちなら、チェックしてみると面白いでしょう。

出典http://googirl.jp/kosodate/1507nani246/

※画像と本文は関係ありません。



(ライタープロフィール / ホソカワ ユイ)
運送や接客、食品関係など様々な職種を経験し、現在は専業主婦をしながらフリーライターとして活動中。雪国新潟県出身だがスキーはできない。新潟県非公式イメージキャラクター「ササダンゴン」と「イヨボヤン」をこよなく愛している。
⇒その他の記事はこちら