トップ > 夫婦 > これだけは言っちゃダメ!夫の家事参加意欲を萎えさせるNGワード

これだけは言っちゃダメ!夫の家事参加意欲を萎えさせるNGワード

夫婦
2016年8月26日(金)433PV

wife これだけは言っちゃダメ!夫の家事参加意欲を萎えさせるNGワードなかなか夫が家事に参加してくれない、もし参加してくれても、とても機嫌が悪い。

そんな状況の家庭では、実は問題は夫ではなく、妻の側にあるのかもしれません。

 

そこで、知らず知らず夫のヤル気を萎えさせてしまっている、妻のNGワードを紹介していきます。

 

 

■「こんなもんかな」

夫が掃除や料理をしてくれた時に、「こんなもんかな」なんて言葉を発してしまっていないでしょうか?

もしかしたら夫の家事は、妻を満たすレベルではないかもしれません。

ですが、それを「こんなもん」と表現されれば、誰でも良い気はしませんよね。

 

イマイチなできだったとしても、「ありがとう!」と笑顔で感謝の気持ちを伝えましょう。

 

 

■「たったこれだけ?」

家事のボリュームの感じ方は、人それぞれです。

夫にとっては、「自分はよくやっている」というつもりでも、妻には「まだまだ」と感じられるシーンが多々ありますね。

 

例えば帰りが遅くなった時、夫としては「洗濯物をとりこんでおいたよ」というだけでも、気の利く良い旦那と認められたいという気持ちがあります。

ですが、これを妻の側では「あれだけ時間があったのに、たったそれだけ?」なんて評価してしまうこともあるのです。

 

その気持ちを言葉にしてしまうと、「頼まれないことは二度としない!」という気持ちになってしまう夫が多いのです。

 

 

■「私のやり方に合わせて!」

家事のルールはそれぞれに持っていますよね。

洗濯物の干し方1つでも、それぞれのこだわりが見られます。

家事をお願いする妻は、つい自分のやり方に合わせてほしいと感じてしまうものです。

ですが男性としては、指示された通りに行うだけではつまらないのです。

教えたことに従わなければダメと言われれば、気持ちが萎えてしまいます。

 

 

■「あなたがやるべき」

夫婦で家事分担をしている家庭も多いですが、この分担にこだわり過ぎるのも良くありません。

手が空いている方が率先して助け合うことで、効率よく、気持ち良く家事が進みます。

 

「あなたの担当だから、あなたがやるべきでしょ?」という言葉はNGワード。

お互いに思いやりを持つようにしましょう。

 

 

■「やればできるのね!」

一見、褒めているような感覚のある「やればできる」という言葉。

ですが、これは夫からすれば、バカにされているようにも、「普段は何もしない」と嫌味を言われているようにも受け取れてしまいます。

避けた方が無難ですね。

 

このように、何気ない一言が夫の家事参加意欲を台無しにしていることがあります。

上手に声をかけることで、進んで家事に参加してくれるような夫を育ててみましょう。

 

URL/ http://allabout.co.jp/gm/gc/428203/?FM=compi_linkitem-8







fund us on facebook