トップ > 夫婦 > 男性がベッドでされたら喜ぶ簡単テクニック4つ

couple-8長く連れ添っていても、旦那様にはやっぱり自分に首ったけであって欲しいですよね。ベッドで満足してもらうにはどうしたらよいのでしょうか。

 

そこで今回は誰にでもできる【男性がベッドでされたら喜ぶ簡単テクニック4つ】をご紹介します

 

 

■見つめ合ってのキス

ベッドに入ってまずキスをするという夫婦・カップルは多いと思いますが、その時目はつむっていますか?あけていますか?普段つむっているという方は目を開き相手を見つめたままキスをしてみましょう。

最初は少し恥ずかしいかもしれませんが、閉じているときよりも情熱的なキスができるはず!

あなたの色っぽい表情に旦那さんも欲情してくれることでしょう。

 

 

■積極的にご奉仕

女性はどちらかと受け身になりやすいですが、たまには積極的に主導権を握ってみましょう。

そして自ら旦那様のアソコにご奉仕すればいつも以上に興奮してくれます。

裏筋や先っぽを丁寧にねっとりとした舌遣いで舐めてあげれば、あなたとのベッドタイムに夢中になること間違いなし!

 

 

■ちょっとした演出

男性は「女性が自分のテクニックで感じてくれてる!」ということに強い満足感を感じる生き物。

女性側はこの性質を大いに利用させてもらいましょう。

演技まではいかなくても、感じたら少し大げさに反応してあげればよいのです。身体を反らせてみたり、シーツをギュッと掴んでみたり、さらにあなたが何をされてどう感じているのか、言葉で伝えるのも効果的。大袈裟にし過ぎると演技と思われてしまいますので、ほどほどに、自然体でいることを意識しましょう。

 

 

■終わったら静かな休憩と感謝の言葉を

二人で大いに盛り上がった後はぐったりと脱力してしまうもの。特に男性は静かにリラックスしていたいという方が多いようです。色々話しかけず「よかったよ」「すごかったよ」という褒め言葉と「ありがとう」「幸せだよ」という感謝の気持ちを伝えましょう。男性はそんなあなたを愛おしく感じ「今度はもっと気持ちよくしてあげたい!」と思ってくれます。

 

 

いかがでしたでしょうか。ほんの少しの工夫で旦那様をベッドで満足させることができます。マンネリは夫婦の危機の要因になりかねませんので、日頃からラブラブな関係でいれるように努めましょう。

 

出典http://mdpr.jp/love/detail/1513648