トップ > 子育て > 「チック症が出るまで追い込む」が普通の世界

「チック症が出るまで追い込む」が普通の世界

子育て
2016年11月8日(火)1,552PV

受験子どものお受験を経験したママたちの多くは、
「『チック症が出るのが当たり前。そうでないと
まず合格は無理』と塾に言われた」
「子どもが常にまばたきをするので何かと思って
塾に聞いたら、『やっと症状がでるくらいまで
やらせたんですね』と言われた」

「『終わったら治るんだから、チック症の症状が
出るまでやらせなさい』と塾に言われた」という経験があるそう。

 

聞けば聞くほど驚くお受験の常識とは?

 

 

子どもがまばたきをしたり、口元がひくひくなるチック症の症状が出るくらいまで、ペーパーを大量にやらせたり、塾に毎日のように行って子どもを追い込ませないと希望校には受からないということのようです。

 

 

某有名私立小学校を目指す、4歳の男の子ママであるコンサバ系Iさんは、試験に絵を描く問題がでるので、その練習に毎朝園に行く前に絵を描くことを強制し、描く絵に対してなんでこんなのも描けないの?と子供に文句を言い続けていました。するとある時、子どもが小指の爪くらいの絵しか描けなくなったそう。もっと大きい絵を描きなさいと行っても画用紙に小さな絵しか描かなくなり、その姿を見てやばい!言い過ぎたと反省したと言います。

 

お受験は人を狂わす何かがあるようです。







fund us on facebook