トップ > ママ友 > SNSでのママ友付き合いに「疲れた」の声続出!

SNSでのママ友付き合いに「疲れた」の声続出!

ママ友
2016年10月4日(火)347PV

wife SNSでのママ友付き合いに「疲れた」の声続出ママ友の関係では、夫の学歴、職業なども気になり、色々と問題が起こってきてしまいますよね。

特にFBではそういった細かな情報まで広まり、妬みやひがみを呼ぶことも少なくありません。

では、SNSでのママ友関係に疲れを感じた時には、どう対処すれば良いのでしょうか?

 

 

■ママ友関係で疲れてやめる人も!

ママ友間で行われるFBはストレスやトラブルの大きな原因になります。

SNSを活用する世代がママになっている現代、これを通して情報交換したりするケースは多いですが、ふとした瞬間にこじれることもあるのです。

始めは情報交換を楽しんでいたつもりが、徐々にエスカレートしてトラブルが起こり、振り回されるようになり、中にはこれがイヤになり、FBをやめてしまったという人もいます。

 

 

■「いいね!」に隠された想いは?

例えばFBで使われる「いいね!」ボタンですが、これにも様々な思いが込められています。

本当に良い意味での「いいね!」であることもあるけれど、「どうでもいい」「とりあえずお返し」「読みました」などの意味も込められています。

また、プロフィールから自分の学歴や出身を知られ、中にはこれを基に探りを入れ、家族関係、夫のことや職業、どんな買い物をしたかなど、日常を丸裸にされてしまうというケースもあります。

FBは個人情報が集約されているため、使用には慎重になる必要があるのです。

中には子供の写真を承認無くポストする人もいたり、こういったトラブルで疲れてしまう人が多発しています。

FBは「顔本」と呼ばれ、ネットに慣れる人は絶対に手を出さない分野です。

自己権威欲を満たすメディアであり、友達を揃えたり、演出された写真を公開して、自分が満足できる別人を作り出すようなものなのです。

そういった点をよく考えて使っていかなければなりません。

 

 

■ママ友とSNSするなら?

どうしてもママ友同時でSNSを利用したいというのであれば、ママ友特化で行うことが大切です。

自分のママとしての顔や、相手に見せても大丈夫な顔だけを見せることができるSNSを選んでおきましょう。

ただ、トラブルを起こしたくないなら、最初からしないのが理想です。

誘われても「SNS得意じゃないから」など、やんわりと断ることも1つの方法ですね。

 

出典http://allabout.co.jp/gm/gc/447024/