トップ > 嫁姑 > 姑にしっかり伝えておくべき本音とは!?

姑にしっかり伝えておくべき本音とは!?

嫁姑
2016年9月2日(金)97PV

wife 姑にしっかり伝えておくべき本音とは時代が変わっても変わることのない問題の1つに、嫁姑問題がありますよね。

結婚生活がうまくいくかどうかも、ここが大きなポイントになるケースが多いので、しっかり対策していくことが大切です。

 

ですがだからと言って、言いたいことを言い合っているばかりでは、争いが絶えない状況になってしまいます。

うまく本音を伝えるコツを習得して、できるだけ波風立てずに、嫁姑問題の悩みを軽減していきましょう。

 

 

■時には直球勝負も!

中には姑が怖いために、できるだけ勝負を避けるという妻もいます。

そうして我慢を続け、他に発散できて精神的にバランスが保てれば理想的かもしれません。

ですが、中には我慢を続けた結果、ストレスで体調を崩す、精神的に支障をきたすという場合もあるのです。

 

それから、夫婦関係に溝ができてしまうということもありますので、このような事態になることだけは避けたいですね。

時には直球勝負をして、姑に本音をぶつけてみましょう。

 

 

■距離間・価値観・子離れに対する本音

嫁が姑に対して抱える不満として大きいものは主に3つ。

それは、距離間・価値観・子離れです。

 

干渉しないで欲しいのに土足で踏み込んで来たり、主婦が働くことに理解ができなかったり、息子をいつまでも子供扱いしてベタベタしたり。

そういった態度に、イライラを募らせてしまいますよね。

 

元は赤の他人だった相手が、たまたま好きになった人の母親だったというだけで親類になるわけですから、考えが合わない部分があっても当然です。

見ざる、聞かざる、言わざるで波風立てずにと考えてしまうのが現実ですが、本当に我慢できないことは、しっかり伝えるべきなのです。

 

 

■大切なのは伝え方

本音を言うべきと言っても、喧嘩腰で臨めば良いのかと言えば、そういうわけではありません。

まず、日ごろから感謝の気持ちを伝えたり、姑とのコミュニケーションをきちんととっておかなければ、本音など伝わりません。

それから、感情のままに発する言葉は意味が伝わりにくくなることがあります。

できるだけ、伝えたいことを事前にメモするなどして、まとめてから伝えましょう。

 

また、こういった本音は、メール、電話ではなく、きちんと相手の顔を見て話すことも大切です。

そうすることで、誠意も伝わりますね。

もし話し合いでうまくいかなかったとしても、このことをズルズル引きずるのは御法度。

サクッと切り替えてしまいましょう。

 

 

■妻が変わる方が簡単!

嫁姑問題に悩まされているなら、相手を変えることではなく、まずは自分が変わることを考えた方が楽な場合が多いです。

相手のことを知ろうとする努力をしたり、理想の嫁になろうとするのではなく、思い切って素を見せてみたり。

 

 

そういったことを心がけ、楽に過ごせる家族としての関係を築くことこそが、嫁姑問題の悩みを軽くするために重要なポイントだと言えるでしょう。

 

URL/ http://allabout.co.jp/gm/gc/64807/







fund us on facebook